HOME 会社概要 製品情報 セミナー情報 採用情報 リンク集
HOME >> ISMS基本方針


ISMS基本方針
北明システム株式会社(以下「当社」といいます。)はソフトウェア技術と、ニーズを先取りしたITネットワーク技術で、時代をリードするシステムインテグレーション企業として、地域社会の発展に直接的間接的な貢献をする企業を目指します。
当社では情報セキュリティの重要性を十分に認識した上で、お客様並びに当社の情報資産を適切に保護することが事業活動の基本であり社会的責務と考えております。
 ここに「ISMS基本方針」を定め、継続的に改善し実践していくことで、情報セキュリティの向上に努めます。
 
1) 個人情報を含めた情報資産の「機密性」、「完全性」、「可用性」を確実に保護し維持する為に、全社を対象とするリスク分析に基づき、組織的、技術的な施策を講じて、安全かつ適正な管理運用を行います。
2)   すべての役員、従業員が情報セキュリティの重要性を十分に認識し、これらに関する法令及び規則、規範ならびに契約上の要綱を遵守するものとします。
3)   すべての役員、従業員に対して情報セキュリティへの意識向上を図り、また内部規程の周知徹底のため、積極的に教育・訓練を実施します。
4)   情報セキュリティ責任者は、ISMS活動を推進し、各部門の情報セキュリティ責任者と共に運用、監視、見直し、改善を図ります。
5)   情報セキュリティ管理責任者及び委員会は、自然災害やインシデント、及び機器の故障等による事業の中断を最小限度に抑えるよう、予防・回復措置を講じ、事業の継続性を確保します。
6)   すべての役員、従業員が、情報セキュリティに関する規定に違反した場合には、就業規則に基づき懲戒処分の対象とします。
     
 
平成25年6月1日
北明システム株式会社
代表取締役 佐藤正輝
IS 600032/ISO 27001:2016